WikikiPedia

WikikiPedia

独断と偏見に満ちたencyclopediaエンサイクロペディア

椎名林檎

椎名林檎がボーカルを務める東京事変が、この新型コロナウイルス騒動の中、2020年2月29日にライブを決行した。

 もう、何も言う必要は無いだろう。

 

 

 

 東京オリンピックプランニングチームのメンバーである椎名林檎の進退は、国会で、そして、全国民で議論すべきだろう。

 

こういう反社会的行為が芸術であり

こういう反社会的行為がロックであり、

こういう反社会的行為が椎名林檎の音楽である

というのか?

 

己の欲望のままに行動するのは、動物以下である。

 

椎名林檎には、大切な大切なふたりの子供がいるらしい。三人目のうわさもあったが、少なくとも二人の子を持つ母である。そして、子供は5-6人欲しいという発言も聞かれた。

 そんな彼女が、何故何千人もの人を動かす力を、人の命を救う方向へ少しでも向けられなかったのか?

 

 

このまま幕引きを許されるはずもなく、本人はきちんとコメントを出すべきである。
そして、反社会的行為を行ったこの椎名林檎を、今後テレビ・ラジオで使うことを、スポンサーが許してよいのか?

 

最後にこの記事も読んでほしい。

 

 

全てがこの記事に書かれている彼らの思いに集約されていると思う。

 

不倫をして芸能界を干される人が後を立たない。

脱税をしてお笑い界から事実上の完全追放を受けた芸人もいる

 

でも、彼らの不倫は、今回の愚考に比べて、どれほど悪質なのですか?
彼の脱税は、今回の愚考に比べて、社会にどれほどの負の要素をもたらしたのですか?

 

いち医師として、

いち日本国民として、

(もちろん椎名林檎のロックのファンではないが)いちロックファンとして、

今回の愚考には大きな大きな憤りを感じる。

 

認知症の進んだ日本医師会の重鎮じじいですら、この時期になれば、様々な会合の中止を選択したが、まだ41歳と言う若さで、大切な大切な子供を持つ母である彼女が選んだ選択肢が、決行と言うことなのは、残念を通り越して、脅威すら感じる。

 

ぜひこの事実は拡散してほしい。

 

,