WikikiPedia

WikikiPedia

独断と偏見に満ちたencyclopediaエンサイクロペディア

白衣を着てテレビ出演するタレント医師

白衣を着てテレビ出演する医師がいる。

 

ほとんどの医師はテレビ慣れしていないので、テレビに出演するというだけで舞い上がってしまい、ネクタイをしめてその上から白衣を着て出演してしまうことも度々ある。

 

ただ、お年寄り医師以外の、まともな感染症の概念を学んだ医師や医療関係者は、職場で着ていた服は着替えて、靴は履き替えて帰宅する。

 

勿論私もそうで、研修医の頃からケーシーの上下、靴で仕事をし、すべてを私服に着替えて帰宅する。今でもそうだ。

 

f:id:WikikiPedia:20200303090325j:plain

出典元:Otani Clinic

 

 

この人は一般の人からすると感染症の専門と思うかもしれないが、医師の間では感染症の知識が薄いということで有名だ。

 

話を戻して、テレビ出演時に白衣で出演するなんて、かなり配慮が足りない。
オツムも足りない。

 

もし、総合病院の前にスターバックスがあり、道一本隔てたスターバックスに、医師や看護師が白衣のままで入店しているのを見かけたりしたら、皆さん、注意しましょう。

「あなたのその仕事着、菌がうじゃうじゃいませんか?医療人として恥ずかしくないですか」
と、注意してあげてください。

 

前述のお人は、もはや医師ではなく医療タレントなので、テレビ出演専用の白衣を用意していると思いますが、それでも、昭和の感染対策の概念の医者ですね。