WikikiPedia

WikikiPedia

独断と偏見に満ちたencyclopediaエンサイクロペディア

反社会的人格障害

あおり運転の末、相手を殴って暴行容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者についてです。
これからいろいろ出てくるだろうから、後出しじゃんけんにならないよう、2019年8月19日の時点での私見を述べる。

性格としては

反社会的人格障害

ではないかと予想する。

出典元:PhotoAC

あおり運転は、あおられた方も右側車線を走っていて、自分の進路を邪魔されたので激高したのだろう。

それに、殴る前にもみ合いになっていて、もみ合いの末にブレーキに載せていた足が外れて、宮崎容疑者の車におかまを掘ってしまったので、それに腹を立てて(激高して)、相手を殴った。

また、以前にも監禁の容疑もあるが、これは、集金に来た人物ともめて、部屋から出さず、母親の説得にも応じなかったので、最終的に警察が介入して監禁容疑ということだ。

宮崎容疑者の行動は、ある程度了解関係のある行動である。平たく言うと、彼には彼の理由がある。
ただ、それに対する反応が極端であり、異常である。

まさに反社会的人格障害だ。

例えば、廊下を歩いていて、誰かがドアを開けて部屋から出るときに、そのドアが少し当たったとする。
普通は
「おっとあぶないな~」
もうちょっと怒りっぽい人は
「何をするんだ、危ないじゃないか」
反社会的人格障害者は
「お前はドアを当てて私を殺そうとしている。」
と言って相手を非難、場合によっては殴る、もしくは、警察に被害届を出す。

これが反社会的人格障害だ。
どうしようもない。基地外は治らない。

この反社会的人格障害の人物は、幻覚を見るなどの言動と違って、なんとなく因果関係のある行動をするので、家族や職場の上司も、なかなか本人の異常性を指摘しにくく、始末に困る。

高校、大学とそこそこの学力があるのは、学力は自分自身の努力だけで達成できるからだ。
卒業大学に対する評価でそこそこの企業に就職したが、半年でやめているのは、就職後の評価は自分の努力だけではどうしようもないからだ。

あくまで周りからの自分の評価がものをいうので、人格障害の彼は、高い評価を得ることができないということだ。

まあ、このあおり運転の容疑者とは、こんなところだろう。

今回執行猶予がつくのか、実刑が下されるのかは不明だが、50年、いや100年の刑期を勤めても、彼は自分のしたこと反省することは無いだろう。

そりゃ、常に自分のほうに100%正義があると思っていて、その狂った思想は彼の人格そのもので、矯正不能だからだ